羽根田卓也の実家は6LDKの大豪邸?父親との約束の真相も詳しく!

羽根田卓也、実家テレポート
カヌーイケメン選手・羽根田卓也さんの実家が超大豪邸と話題になっています。

10年以上に渡り海外で武者修行を続けた羽根田卓也さんと父親の間にはある約束が?

今回は羽根田卓也さんの実家や家族構成、父親との関係について詳しく調べてみました。

羽根田卓也の実家はどこ?画像もあるの?

リオ五輪で日本人で初めて、カヌーで銅メダルに輝いた羽根田卓也さん。

初メダルということもそうですが、非常にイケメン選手ということで、大きな話題になりました

そんな羽根田卓也さんですが、実家がどうやら大豪邸?との噂が・・・

羽根田卓也さんのご実家について調べてみたところ、どうやら実家は愛知県豊田市にあるそうなのですが、

何と6LDKという間取りご実家だそうです・・!

羽根田卓也さんはご両親と3人兄弟の5人家族なので、一人一部屋でも余るくらいの実家ですよね。

イケメンでメダリストな上に、実家が超大豪邸ということも分かりました。

羽根田卓也の父親の職業は?

羽根田卓也さんのご実家がすごい豪邸だということが分かりましたが、そうなると気になるのが、

羽根田卓也さんの父親など、ご実家のご両親についてですよね。

6LDKという豪邸という実家を持っている羽根田卓也さん。父親の職業はいったい何なのでしょうか?

実は、父親・邦彦さんは設計事務所を営む経営者だということが分かりました。

羽根田卓也さんの父親、社長さんだったんですね!それなら実家が6LDKと言われても納得ですね!

父親の設計事務所は「羽根田事務所」ということです。

それだけじゃなくて、父親も元カヌー選手で、現在は愛知県豊田市カヌー協会の理事長もされているとか。

羽根田卓也さんの父親もカヌー選手だったんですね。

実家が社長ということもあり、羽根田卓也さんが高校卒業後にスロバキアへ単身カヌーのために渡った時には、

父親は、

「アルバイトするくらいなら練習をしろ」と年間400万以上の仕送りを、10年以上も続けたそうです・・!

さすがは社長ですよね。

羽根田卓也の父親以外の家族は?3兄弟?

羽根田卓也さんの実家や父親についてもご紹介しましたが、兄弟についてももう少し詳しくご紹介します。

羽根田卓也さんは男3兄弟となるのですが、

  • 兄・翔太郎さん(元カヌー選手。現在は自動車販売の営業マン。嫁と子供あり)
  • 弟・和隆さん(カヌー経験なし。現在は農業関係の仕事)

と、

兄の翔太朗さんもカヌー選手だったということが分かりました。

羽根田卓也さんというとイケメンとして話題ですが、実は兄弟もイケメンなんです・・・

羽根田卓也の出身高校など学歴からこれまでの経歴は?

羽根田卓也さんの実家や父親、兄弟についてご紹介しましたが、もう少し詳しく羽根田卓也さんの経歴を見ていきたいと思います。

羽根田卓也さんは小学3年生からカヌーをされていますが、その時兄の翔太郎さんもすでにカヌーをしていて、

兄はカヤックという種目をしていたそう。兄とかぶらないようにという父親の配慮で羽根田卓也さんはカナディアンという種目に取り組むことになりました。

羽根田卓也さんはカヌーを始める前は器械体操の経験もあるそうで、運動神経の良さを感じますよね。

地元の愛知県の「矢作川」で練習を続けた羽根田卓也さんは中学生の時にはジュニアの世界大会にも出場されています。

その後、

高校は、「名鉄学園杜若高等学校(杜若高校)」へ進学し、カヌー部に所属。

高校生の時にも世界大会に出場していて、当時は「アジアからとうとうメダル候補がでてきた」

と噂されるほどの実力だったそうです・・!

とはいえ、やはりカヌーは日本ではマイナーな競技です。

練習するにも不便が多い日本にいるよりも、海外に行ってもっと腕を磨きたい!と羽根田卓也さんは高校卒業後はカヌーの強豪国スロバキアへと渡っています。

英語も通じないので、スロバキア語を必死に勉強しながら基礎をトレーニングしなおした羽根田卓也さん。

スロバキアで「コメニウス大学・大学院」も卒業されています。

羽根田卓也さんのスロバキアでの修行は何と10年以上にわたっていました・・そこまで自分を追いこんで、厳しい練習に耐えてきたからこその銅メダルだったんですね・・

そんな羽根田卓也さんのこれまでの主な経歴は以下のとおりです。

2008年北京五輪14位
2012年ロンドン五輪7位
2014年仁川アジア大会 優勝
2014年アジア大会(仁川)金メダル
2016年ワールドカップ3位
2016年リオ五輪銅メダル
2017年世界選手権7位
2018年アジア大会(ジャカルタ)金メダル

 
10年以上にわたる厳しい修行期間を経て、日本人として史上初の五輪メダリストとなった羽根田卓也さん。

羽根田卓也さんのメダル獲得はとても大きなニュースになりましたね!

羽根田卓也さんの経歴を見ると、リオ五輪以前の経歴もかなりすごいですよね?

でもやはりカヌーという競技がマイナーなせいか、羽根田卓也さんのことが日本で報じられることはほとんどありませんでした。

見かねた友人が有吉さんとマツコさんの「怒り新党」になぜ取り上げないのか不満という投稿をするほどだったそうです。

そして怒り新党で羽根田卓也さんを見たマツコさんは「かわいいじゃん」とお気に入りだったようで「はねたく」と呼ぼう!とニックネームまでつけたそうです(笑)

羽根田卓也の現在の年収は?父親との約束も詳しく!

羽根田卓也さんの輝かしい経歴を見ると、けっこう稼いでいるの?とも感じたのですが、やはりカヌーがマイナー競技ということもあり、、

ミキハウスに所属している羽根田卓也さんの年収は500~600万程度?と言われてます。

ミキハウスの年収以外にテレビ出演などもあるので、1,000万近くは稼いでいそうですが、

それでもやはり野球などと比べると格段に年収が低いですよね。

リオ五輪の銅メダルの時には

  • ミキハウスから500万
  • 日本カヌー協会からは30万

と賞与があったそうですが、メダルを獲ってこの金額か・・と個人的には驚いてしまいました・・!

海外での修行などかなりの費用がかかっている羽根田卓也さん。

単身海外に行くことを決意したときには、実家の父親に対して


「高校卒業後は欧州に行かせてほしい!必ずメダルを首にかけます!」

と覚悟の手紙を書いたとか。。

そんな息子の覚悟を見た父親は、

「日本人のいない環境で、もまれて強くなれ」

と海外渡航を後押し。海外に行った後も金銭面でのサポートを続けました。

そして

手紙を書いた日から10年以上が立ち、リオ五輪で見事にメダルと勝ち取った羽根田卓也さん。

競技後のインタビューでは

「スロバキアにいるときに支えてくれた家族に感謝している。だから、まず最初にメダルを家族に見せたい」

と家族への感謝を語っていました。

10年越しに羽根田卓也さんと父親の間で交わされた約束が達成された瞬間ですね。

羽根田卓也のスポンサーはどこ?

最後に、羽根田卓也さんのスポンサーについてもご紹介します。

先ほどから何度か触れていますが、

羽根田卓也さんの所属はミキハウスです。

それ以外にも

マイナビ
アディダス
JAL
ポルシェジャパン
資生堂アネッサ
マイティ

などの企業から支援を受けている羽根田卓也さん。

羽根田卓也さんとミキハウスの出会いは2012年のロンドン五輪で7位入賞を果たした後に遡ります。

ロンドン五輪で7位という成績を収めた羽根田卓也さんでしたが、マイナー競技ゆえにスポンサーとなってくれる企業が全然見つからずに大変苦労をされたそうです。

多くの企業が門前払いをする中、ミキハウスだけが羽根田卓也さんのスポンサーになってくれたとか。

ミキハウスの社長さんはカヌーだけじゃなくて、それ以外のマイナー競技の選手のサポートにも力を入れているそうなので、素敵な企業ですよね!

 

羽根田卓也の実家は6LDKの大豪邸?父親との約束の真相も詳しく!まとめ

今回ははねたくこと、羽根田卓也さんについて、実家や父親の職業から、3兄弟などの家族構成を調べてみました。

実家は会社を経営していて、6LDKの豪邸でもあることが分かりました。

高校卒業後は海外に渡り、10年以上にわたり厳しい練習を積んできた羽根田卓也さん。

リオ五輪での銅メダルも大きなニュースになりましたが、東京五輪でもまたメダルを首にかける姿を見たいですね!

羽根田卓也さんの彼女や熱愛はこちら♪

 

]]>
タイトルとURLをコピーしました